複数の会社から借入がある場合

複数の会社から借入がある場合は新たに借りれないのか

キャッシングを利用して借入を重ねる中では、利用中の金融会社から設定された限度額の上限をいつのまにか満たしてしまい、それ以上の融資が受けられなくなる場合があります。
そうした時にはできるだけ早く返済を行う事がもっとも重要になるのですが、時期によっては立て続けに出費が重なることもありますので、現状でお金を十分に賄うことができず複数の会社から借入をすることもあります。
金融会社では融資をすることで利益を得ることになりますので、そう滅多なことでは借入の申し出を断ることはないのですが、すでに複数の会社から借入がある場合は新たにお金を借りられなくなるのでしょうか。

 

この点について考える上で一つ重要になるのは2010年から完全施行された貸金業法による規制で、法改正に伴い総量規制が導入されたことで年収の1/3を超える融資は受けることができないことが規定されています。
つまり他の会社を含めた負債総額がすでに年収の1/3という条件を満たしている場合には審査をするまでもなく融資が断れることになります。

 

ただこうしたケースでも少なからぬ抜け道があるもので、貸金業法はあくまで消費者金融に対する規制であるため、銀行法の管轄下にある銀行系のカードローンの場合には総量規制の対象外となります。
つまりすでに年収の1/3を満たしている方の場合は、消費者金融ではなく銀行系のカードローンを利用することにより新たに借りることができるケースもあります。

 

ただここで一つ問題になるのは、銀行系のカードローンの場合には審査がやや厳しくなることが往々にしてありますので、すでに複数の会社から借金がある方の場合は審査でどのように判断されるかが全く不明になります。
もちろん可能性が全くないわけではないのですが断られてしまう危険性もありますので、そのあたりについても事前によく理解したうえで新たに借りるお金に過度には期待せず 融資計画や返済計画を立てておくことが大切になります。